≪その他の活動≫


◎今年も”さつまいも”の栽培を行います。(2020年)

 

 ◇苗植え (5月8日)

今年も秋の収穫を目指して”さつまいも”の苗を植え付けました。

今年は新型コロナウイルス禍の下での作業で「3密」を避けて短時間での作業となりました。

例年郷土づくり推進会議の「鵠沼元気塾」の子ども達も苗植えから体験していますが、今年は大人達の手で植え付け、秋には元気で収穫体験ができることを願っています。


◎今年も”さつまいも”を栽培しました。(2019年)

 ◇さつまいも堀り   (10月15日)

 紅あづま、安納芋、紫芋、小ぶりな物から大型変型まで様々な芋達の収穫を楽しんだ後、泥を流して袋詰めをし、公民館まつりで販売しました。

招待した高齢者施設の方や保育園児と共に賑やかで嬉しい収穫の時間を過ごしました。

 

    ◇さつまいも畑でつる返し  (8月13日)

5月の苗植えから3ヶ月、当初は所在なく揺れる苗が並んでいたさつまいも畑は、みごとな緑に覆われていました。

8月13日、炎天下でのつる返しです。四方に伸びた蔓が地面のあちこちで根を出し小さなお芋をつくらないように、蔓を浮かせて土からはがします。秋の収穫をめざして雑草取りの作業も合わせて行いました。

  ◇苗植え  (5月9日)

 秋の公民館まつりでの地元野菜販売に向け、さつま芋の苗の植え付けをしました。

恒例となった苗植えで、皆慣れた手つきで作業を行いました。

元気塾の子供達の分も含めて大きく成るよう大切に育てたいと思います。

5月の爽やかな風に揺られている行儀よく整列した苗の畑を見ていると、中腰作業の

疲れも心地よく感じます。10月の収穫が楽しみです。


◎青少協との懇談会     青少年福祉部    

5月17日(金)午後1時30分より鵠沼市民センター第三談話室で青少年育成協力会4名、社協青少年福祉部14名が集まり合同懇談会を致しました。手島青少協会長も同席され、来る6月15日(土)に鵠洋小体育館にて開催予定の「ペタンク&カローリング」のゲーム種目・役割分担・時間割を決定しました。開催は10時から12時の午前中とし、参加人数によってコート数・チーム数を決めること、さらに役員は9時に集合を確認し、和やかな雰囲気の内に散会となりました。


ダウンロード
ながらボランティアのすすめ
髙橋武俊先生の講演会スライド資料
講演資料:ながらボランティアのすゝめ_20190926開催_配布資料.pdf
PDFファイル 9.7 MB

 

  • ◎ 社協ハンドブックを作成しました    (総務部)

9月、理事の皆さんに最新版「社協ハンドブック」をお届けいたしました。

 

鵠沼地区社協の特徴をはじめ、会則・規定・運営のしくみから実施事業の紹介、町内会自治会の区分図や児童クラブ・福祉施設の所在等が掲載されています。

 

地域の方々に社協について紹介する時や実践活動の際、お役に立てる内容になっています。